ストレスがなぜ、体の不調を引き起こすのか?具体的な症状とそのメカニズム

ストレスがなぜ、体の不調を引き起こすのか?具体的な症状とそのメカニズムについて。

ストレスがたまると良くない。
食べ過ぎちゃうしさ、アルコールも飲みすぎちゃうし。

でも、それだけではない!
もっときちんとした、メカニズムというものがありました。

ストレスによって体調不良を引き起こすメカニズムと具体的な症状をご紹介します。

○メカニズム
「血管の収縮」
人がストレスを感じると同時に、血管が収縮するというメカニズムがありました。
そのため、ストレス状態が続くことで血液の流れがどんどん悪くまります。
○血の巡りが悪くなることで起こる具体的な症状
肩こり、頭痛、便秘、生理不順、食欲不振、倦怠感、
下痢、腰痛
他にも、ストレスを感じると胃痛がする人もいますよね。
胃酸が出すぎてしまう症状で胃潰瘍などにもなりかねないという、ストレスの怖さもあります。

また、血の巡りが悪くなったことでシミやしわ、にきび、肌荒れ、くすみ、クマなど美容にも症状が表れます。

ストレスのない毎日をおくるしかない。
が、そんなの難しいのが現実です。
現に、ストレス発散のために1日中寝たとしても
なんだか嫌悪感。
1日何もしていないという嫌悪感に襲われます。
ストレス発散のためにショッピングしても、
やっぱりこれ買わなきゃよかった~とか
何かしらストレスを感じるんですよね。

ストレスのない日々を送ることは難しいけれど、
ストレスによって収縮された血管を広げることはできます。

ストレスで収縮した血管を広げるには?
・入浴
入浴は気分転換にもなる一番の方法だし、
リラックス効果で血管を広げて、汗を出すことで気分転換にもなります。
あまり熱くない温度のお湯にゆっくりつかりましょう。
・温かい飲み物や食べ物を食べる
冷たい飲物よりも温かい飲物、冷たい食べ物よりも、温かい食べ物を意識して食べるのも体から温めて血管を広げることができます。
・体を温めてくれる食材を使う
生姜やにんにく、玉ねぎにネギ、唐辛子など体を温める作用のある食材を使うことで血管を広げましょう。
・ストレッチ
凝り固まった筋肉を伸ばして動かすと血の巡りがぐんとよくなります。
・ウォーキング
かかとから着地、背筋を伸ばして歩くなど、姿勢よく歩幅もいつもより大きくウォーキングをするとダイエット効果もあがります。

ストレスのない日々を送ることは難しいけれど、
ストレスに負けない体は作ることができそうです。

食べることでストレス発散、アルコールを大量に飲むことでストレス発散は極力しないようにしましょうね。